改修工事とは

安全・安心な暮らしの空間を維持することを目的としています。

劣化した建造物またはその一部分の、性能および機能を初期の水準以上に改善することで、事故などの危険を 回避し、資産価値を向上させる工事のことを、改修工事といいます。

近年では原状の回復だけでなく、機能を向上させるための改造や変更なども改修工事に含まれます。最近浮か び上がっている建物の安全性問題から、耐震の改修を目的とした工事も多くみられます。
また、設備機能を上げるためのバリアフリーなどもこれに該当します。
建築基準法では、建築物の構造部1つ以上に同じ材料を使用し、形状・寸法は変えずに性能や品質のみを直す 工事を「改修工事」としています。また、建築物の構造部1つ以上を違う仕様で造りかえた上で、性能や品質 を直す工事を「模様替え」といいます。
改修工事には、耐震工事、防水改修工事、省エネ改修工事、バリアフリー改修工事や、特定断熱改修工事、一 般断熱改修工事など、様々な種類があります。基本的には、古くなった建物のパワーアップや模様替えのため に行われます。
最近は高齢化が社会問題のひとつにあるため、バリアフリーにするための改修工事を行う家庭が多く、リフ ォームとして人気を博しています。
また、改修工事とは対の意味で修繕工事というものがあり、これは壊れたり、悪くなったりしたところを修復 する工事です。
平成20年の税制改正に含まれている「省エネ改修促進税制」により、税金の返還が定められています。

こんなお悩みありませんか?

  • どこまで改善したらいいんだろう?
  • どのように修繕するべき?
  • どこに頼めば良いの?
  • 適正な工事予算はどのくらい?
  • 入居者に工事の説明をしなくては・・・
  • 工事はきちんと的確に行われてる?
  • 問題なく完了したのか?
  • 完了後にアフターケアはあるの?
  • 建物の将来が不安・・・
  • 資金が不足している・・・

お客様の視点に立った修繕工事の計画をサポートします。

ページトップへ戻る