耐震補強

耐震補強とは

阪神淡路大震災、新潟県中越地震、東北地方太平洋沖地震、東日本大震災。
このような大地震のたびに、耐震診断・耐震補強という言葉を耳にします。しかし、「なぜ耐震補強が必要か?」「どんな住宅が耐震補強をする必要があるのか?」「耐震補強とはどんなことをするのか?」これらをご存知の方は多くありません。
耐震診断を良く理解し、間違いのない耐震補強を行うことが大切です。

なぜ耐震補強って必要?

「大地震がきても安全に暮らせるように耐震補強をしたい!」
このように、地震に備えて安心できる住宅のために耐震補強を考えることはもちろんですが、耐震補強が必要な理由はそれだけではありません。
震度7を記録した阪神淡路大震災、最大震度7の新潟県中越地震。このような大地震のたびに、建築基準法はその時代に応じた基準に合わせて改正されます。新しく建設する住宅はその時代の建築基準法に沿って設計・建築されますが、改正以前に建てられた木造住宅は建築基準法に適合しない住宅=既存不適格建築物とみなされる可能性が出てきます。
もし既存不適格建築物に該当していたとしても、建築した時期の基準に合っていれば違法住宅にはなりません。しかし増築をする場合はその時点で既存不適格建築物の扱いがなくなるため、既存部分も含めて現行の規定に適合させなければならないのです。
既存木造住宅を、安全かつ建築基準法に適合した住宅にするために、耐震補強工事が必要になるのです。

耐震補強ってどんなことするの?

耐震補強とは、耐震性の不足している既存の建物を補強することです。壁の補強が一般的ですが、住宅の場合、他にも建物基礎の補強や柱・梁・土台・基礎といった躯体部分の接合部補強(金物補強)などがあります。また、耐震補強ではありませんが、屋根を軽くすることも地震対策として有効です。

こういう方は「耐震診断」を実施することをお勧めします!

  • 昭和56年5月以前に建てられた
  • 10年以上リフォームを行っていない
  • 過去に大規模なリフォームを行ったことがある
  • 自宅のリフォームを検討している
  • 中古住宅の購入を考えている
  • 自宅の転売を検討している
  • バリアフリーリフォームを検討している

RC造の耐震補強

鉄筋コンクリート(RC、SRC)造系・ラーメン構造(柱と梁が一体化している構造)の耐震補強

耐久性を上げるには、耐震壁や鉄骨ブレース(鉄骨を使用した補強材)、クロスウォール等の耐震壁を増設する方法などがあります。
また、変形性能を向上させるには、柱を炭素繊維や鉄板などで補強する方法があり、これらは特に1970年以前の変形性能が乏しい独立柱に有効です。
補強計画は、建物の構造特性や設置可能な場所の制約などを考慮しながら、これらを組合せて行います。

壁補強の個別技術

壁関係の補強は、

  • 既存の壁の厚さを増す(増し打補強)
  • 壁要素の不足しているところに追加する
の二通りが考えられます。
一般的には、不足分を補うために鉄骨ブレースなどが使われるケースが多いのですが、従来壁の無かった部分への増設となるため、使い勝手や空調範囲、消防計画の区割りなど、様々な平面計画での検討も必要になります。
このため建物外周部での設置を検討するケースも多くなっていますが、その場合は意匠性の問題や空間の圧迫感などから、デザイン性を要求されることも多々あります。

ページトップへ戻る