剥落防止

剥落から身を守るセーフティーネット

近年、建物外壁のタイルやモルタル、表面のコンクリート(かぶりコンクリート)が突然落下する事故が発生 しており、通行人に直撃するなどの重大な災害に繋がっている事例があります。そのような事態が発生し た場合は、まずその建物の所有者に責任が問われます。

人は普段上を見て歩くことはないのでなかなか気がつきませんが、ふと「あそこ、危ないな」と思うよう な建物も実際には多々あります。外壁は何の理由も無いのに突然落下するようなことは決してありませ ん。落下する前に、予兆はどこかに必ずみられます。

早期発見と剥落防止により、安全な街であるよう少しでもお役に立ちたいと考えます。

どんな処置をしれくれるの?

弊社では「ボンド カーボピンネット工法」「エバーガード」「JKセライダー工法」を取り入れております。 これらの工法は特殊ネットをはり込み、壁面全体を固定する補強により、震災等による落下事故を最小限に食い止めます。

ページトップへ戻る