鉄骨ブレース補強

鉄骨ブレースの周辺に鉄骨枠を配した上で既存の梁、柱と一体化する補強工法です。最も良く使われている補強方法と言えます。

ブレース工法

開口部分ややピロティ部分に、耐力壁として機能する鉄骨ブレースをはめ込み、地震耐力を向上させる方法です。
周囲の既存する梁、柱、壁と鉄骨ブレースとの全周に渡ってできる間隙に無収縮モルタルを注入して一体化を図ります。
鉄骨ブレースと各既存部材との取り合い部分の間隙に割裂防止筋やせん断補強用のスタッドボルトを設置し、無収縮モルタルを注入します。
施工方法は、無収縮モルタル打設用型枠に四隅とそれぞれの中間位置に注入口を設けて、無収縮モルタルを下部の中央部分から注入を開始し、両側の立ち上がり部分の注 入が終了したら、上部の注入を行います。

ページトップへ戻る