耐震スリット

耐震スリット工事

柱と腰壁との間に切れ目(スリット)を設置することで柱に余裕を持たせ、地震が発生した際の破損を未然に防ぐための工事です。
耐震スリット工事は、建築物の倒壊を防止する耐震補強工事の重要な工事の一つであり、図にしめすように、形状(目的)により「完全スリット」「部分スリット」と分類され、工法にも「ウエットスリット工法」と「ドライスリット工法」とがあります。

ページトップへ戻る