外壁タイル剥落・落下防止

外壁タイル剥落を未然に防止

屋外や外壁などが劣化すると、建築物の耐久性が低下します。耐久性を保つために改修工事は必要です。
特に外壁に関しては、タイル素材はマンションの外壁などでよく私用される素材の1つですが、外壁の劣化が進むと表面のタイルが剥落してしまい、後に通行人やその他の工作物等に危害を与えてしまう事故へとつながりかねません。
そのような事故を未然に防止するためにも、定期的な調査・診断を行い、そして問題個所を早急に改修工事することが重要です。

カーボ ピンネット工法(外壁複合改修構工法)

特殊ネット、炭素繊維配合のポリマーセメントモルタルにて強固な剥落防止層を形成し、その層を開脚式アンカーピンという器具で下地に固着させ、モルタル層やタイルの剥落を防止します。

エバーガード

エバーガード工法は、特殊専用アンカーにタイル・モルタル層を躯体に固定し、特殊繊維によって塗膜強度を高めた透明度の高いアクリル樹脂にてタイル面を被覆することで、既存タイルの意匠性を保持しながら、剥落を防止する工法です。

JKセライダー工法

JKセライダー工法は、短繊維を混入した特殊アクリル樹脂「JKセライダー」と特殊アンカーピンで、タイル張り外壁を面で補強するタイル剥落防止工法です。
アクリル樹脂だからこその高い防水性と遮断性で外壁劣化を防止し、建物の寿命化に貢献します。皮膜は無色透明で、タイル仕上げの高級な風合いをそのまま活かし、いつまでも美しく維持する事ができます。また、地震時においては外壁仕上げ材の剥落防止とともに、ひび割れの発生を抑止します。

ページトップへ戻る