リフリート工法

リフリート工法は、劣化したコンクリート構造物をリフレッシュします

リフリート工法は、鉄筋コンクリート構造物の劣化防止、耐久性向上を目的として開発された躯体改修です。大切な社会資本である鉄筋コンクリート構造物の美観改修、安全性確保、資産価値向上、耐久性改善を目的として、より永く供用いただくために、ぜひリフリーと工法をご活用ください。

リフリート工法 基本仕様

RF仕様

中性化した鉄筋コンクリート構造物の耐久性補修改修に適用します。

使用材料
  • RF-100(アルカリ性付与・表面固化材)
  • RF防錆ペースト(防錆材入りポリマーセメント系防錆材・表面被覆材)
  • RFモルタル(防錆材入りポリマーセメント系断面修復材)
■RF仕様の特長

リフリート工法は、ただ単に表面だけの化粧直し(改装)ではなく、素地内部から施工する他に類のないコンクリートの躯体改修、改善工法です。
本工法は特殊な浸透性アルカリ性付与材「RF-100」の塗布によって、劣化した躯体にアルカリ性を付与すると同時に表面を強 化して、コンクリートを化学的・物理的にリフレッシュする工法です。
さらに、「RFモルタル」、「RF防錆ペースト」で覆うことにより、水や炭酸ガスなどの浸入を防ぎ、以後の中性化防止と、鉄筋の腐食抑制効果を高めます。

DS仕様

塩害により損傷を受けた鉄筋コンクリート構造物の耐久性補修改修に適用します。

使用材料
  • RF-100(アルカリ性付与・表面固化材)
  • DS-400(塗布形防錆材)
  • RF防錆ペースト(防錆材入りポリマーセメント系防錆材・表面被覆材)
  • RFモルタル(防錆材入りポリマーセメント系断面修復材)
■DS仕様の特長

「DS仕様」は、「RF-100」と「DS-400」による「化学的改修」と「RF防錆ペースト」による「物理的改修」から構成されています。
●中性化したコンクリートの劣化抑制に対しては、「RF-100」によるアルカリ性付与および表面強化を、中性化や塩害によって腐食した鉄筋の防錆に対しては、「DS-400」の拡散浸透による鉄筋防錆を行います(化学的改修)。
●外部からの水分、酸素、塩化物および炭酸ガス等の有害物質の浸入を防ぐために「RF防錆ペースト」による表面被覆を行います(物理的改修)。

ページトップへ戻る