アドバンス制震システム

既存/新築対応制震補強デバイス アドバンス制震システム

システム概要

いま、建物に求められる高度な安全性と快適な居住性。阪神淡路大震災以降、大地震でも建物の損傷を防ぐことの出来る制震技術が注目されています。
[アドバンス制震システム]は、機械分野で広く利用されている変位・速度増幅機構を応用し、地震や強風による建物の変形や加速度を効率よく軽減。
建物の損傷や、家具の転倒などを抑制し、安全性と居住性を高める画期的な制震技術です。
今、最も進んだ[アドバンス制震システム]は、さらに建物の美観にも配慮したデザイン性も備えて、人と建物との調和を追求しています。

アドバンス制震装置の概要

[アドバンス制震装置]は2本のブレース部材と1本のダンパー部材で構成され、建物の層間に設置します。対角の接合部にピン接合された2本のブレース部材は、設計で算定された角度をもって中央でピン接合され、建物に水平変位が生じたとき、ダンパーには建物の層間変位の2~3倍の変位・速度が伝わります。ダンパーは変位や速度に比例してエネルギー吸収量が増えるため、効率よくエネルギーを吸収します。

※本制震システムで採用している変位・速度増幅機構は、古くから機械分野などで利用されている公知の技術ですが、弊社では周辺技術について特許を出願しています。

ページトップへ戻る