塗膜防水

ウレタンやアクリル、不飽和ポリエステルを主原料とした液体を下地に塗り重ね、硬化して連続皮膜を形成する防水のことです。
補強布やガラス繊維を挿入し強度を高めたり、防水性能のあるシートを予め下地に貼付けてから塗膜材を施行し絶縁機能を持たせたりする複合工法など多数の工法があります。

集合住宅

一般住宅

公共施設

テナントビル

ウレタン塗膜防水

コテやローラー、刷毛(はけ)、吹付機でポリウレタンなどを塗布して防水層を形成する、塗膜防水という工法があります。塗膜を決められた厚さに仕上げることにより、防水の機能をもたせます。

ウレタン防水は塗膜防水の代表的な工法で、塗るだけで防水層を形成します。耐久性および遮熱性にとんだトップコートもあります。

<長所>

  • 比較的安価である
  • 定期的にトップコートの塗り替えをする事で紫外線による劣化も防ぐ事が出来る
  • 下地の形状に馴染み易いため、水密性の高い連続皮膜が得られる。
  • 屋上をはじめとした複雑な部位への使用が可能です。

<短所>

  • 塗膜の均一性が低い

ウレタン防水通気緩衝工法

屋根バルコニーなどの比較的広さがある場所や、メンテナンスをしていない古い場所で起きやすい、防水層の膨らみに対応する方法です。

防水工事後にメンテナンスをしないと、水分が少しずつ溜まっていき湿気となり、防水層の膨らみが発生します。湿気を逃がすための脱気筒だけでは充分に放出できないため、防水層はさらに膨らんでいきます。 ウレタン防水による通気緩衝工法は、ウレタンの防水層を下地のモルタルに密着させる部分と密着させない部分をつくり、その密着させていない部分から湿気を逃がす仕組みになっています。

超速硬化ウレタン複合防水

<長所>

  • 液状材料のため複雑な形状にも納まりやすく、ジョイントがない。
  • 凹凸部でも均一な膜厚が確保できる。(膜厚管理が容易にできる)
  • かぶせ工法なのでどんな下地(既設防水)にも対応できる。

<短所>

  • 他の防水に比べ多少コストがかかる。(次期改修時にはコストダウンできる)
  • 吹付け時の風による防水材の飛散に気を付ける必要がある。

ページトップへ戻る